エジソンアカデミー



2020年度から小・中学校でのプログラミング教育の必須化が決定しています。また、現在の大学入試で行われているセンター試験は2020年1月の実施を最後に廃止され、新たな「大学入試共通テスト」に切り替わります。新テストでは、「知識・技能」よりも「思考力・判断力・表現力」に重きを置いて評価するという方針が発表されています。

小学校
体験学習が中心。算数や理科などの授業に組み込まれる予定。

中学校
ホームページの作成やロボット製作などの課題学習が中心となる予定。



プログラミング教育の目的は「プログラミング言語を覚えること」ではありません。プログラミングを学ぶ目的はプログラマーになることではなく、プログラミングを通して自分で問題を発見し、調べ、考え、表現する力を養うこと。作業の過程で試行錯誤を繰り返すことで論理的思考と応用力が身につきます。

「プログラミング」って何?
装置やパソコンに動いてもらうための命令をプログラムと言います。その命令を作っていく作業がプログラミングです。多くの方にとって、プログラミングという作業は「自分には遠い存在」というイメージではないでしょうか。しかし決してそんなことはありません。普段の生活で当たり前のように使っている機器のほとんどが、プログラミングによって動いているのです。


10年~20年後には、今ある仕事の半数以上がAIやロボットに奪われてしまうと言われています。AIやロボット技術の急速な発展により、今まで人間が行っていた仕事をロボットが代わりに行うようになる「第4次産業革命」は、すでに始まっているのです。

いまの子供たちに必要な力
AI・ロボットは情報を処理することは得意ですが、プログラムやデータがないと適切な判断はできません。一方人間は、指示や前例がなくても新しい何かを生み出すことができます。どれほどAIが発展しても、人間にしかできない仕事は必ず残されているのです。
人間にしかできないこと = 考える力、創造する力



プログラミングは難しいものではなく、とても楽しいもの。「何もないところから自分の手で作り出すこと」の楽しさを実感することで、将来の選択肢が広がります。プログラミングは論理的に書かないと動いてくれません。そのため、トライ&エラーを繰り返しながら取り組むことで、論理的に考える力が身につきます。



使用するブロックはたったの10種類ほど。センサーやモーターなどもすべてブロック型で簡単につなげることができ、少ないパーツで自由自在にロボットが作れます。子供たちが好きな形の作品を制作できるのはもちろん、組み立てにかかる時間が短く、プログラミングにしっかりと時間を使うことができます。

ブロックロボットを組み立て、基板にセンサーやモーターを配線。

作ったプログラムを基盤に転送。ロボットが動き出します。


難解なプログラミング言語をキーボード入力するのではなく、プログラムの部品アイコンをマウス操作でドラッグ&ドロップして組み合わせるだけでプログラミングができます。ソフトの見た目や使い方は簡単でも、「変数」「関数」「リスト」などプログラミングの内容は本格的。専門知識が基礎からしっかりと身につきます。マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したプロ グラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたソフトを採用しています。

1やる気を引き出すレベルUP方式

さまざまな機構を組み立てることで、プログラミングだけでなくロボットの仕組みについて学び、応用力を養います。毎月少しづつレベルUPしていくので、飽きることなく楽しんで続けられます。

2子供たちの興味をかきたてる作例

信号機や車など身の回りの生活にあるロボットや動物型ロボット、対戦型ゲームなど豊富な作例を用意しているので、子供たちが楽しみながら視野と興味を広げていけるカリキュラム構成になっています。

3年目以降 エキスパート編(2年間のコース終了後 任意入会)
より高度なロボット製作にチャレンジする「エキスパート編」も用意(エキスパート編の入会は任意です)。「STEM人材」を育てるのに重要なロボット工学の3要素(センシング・ソフトウェア・メカニクス)をそれぞれ深く学ぶことができ、「将来は理系に進みたい!」「工学に関わる職業に就きたい!」というお子様の夢を育て、応援します。
※「STEM」とは…Science(科学)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の教育分野の総称。オバマ元大統領も「アメリカ経済成長において重要な分野」として演説で取り上げています。
※エキスパート編に進むためには、専用の追加パーツキットの購入が必要になります。


わかりやすいテキストを使ってロボットの組み立てとプログラミングを行ったあとは、各テーマごとに設定された課題に挑戦します。

課題に取り組む中でロボットがイメージ通りに動かない ときに「なぜ動かないのか」原因を分析し、「どうすれば動くのか」解決策を考え・実行することで問題解決力が養われます。



講師は、大手企業でSE兼プログラマーとして20年以上の実績のある現役のエンジニアが担当します。
主な実績として、生産管理システム、製品開発用のソフトウェア、エレクトロニクス・ショーでの展示紹介用のソフトウェアなどの多種多様のソフトウェア開発を行ってきました。
当教室では、現役のエンジニアならではの現場でも通用する『発想力』と『実現力』を高める指導をしていきます。



教室で学んだロボット教材『アーテックロボ』を使用したロボットコンテストに参加することもできます。子供たちはコンテストへの参加を通じて本気で取り組むことの楽しさや負けることの悔しさを知り、さらに成長していきます。



Copyrighted Image