2020年度から小・中学校でのプログラミング教育の必須化が決定しています。また、現在の大学入試で行われているセンター試験は2020年1月の実施を最後に廃止され、新たな「大学入試共通テスト」に切り替わります。新テストでは、「知識・技能」よりも「思考力・判断力・表現力」に重きを置いて評価するという方針が発表されています。

小学校
体験学習が中心。算数や理科などの授業に組み込まれる予定。

中学校
ホームページの作成やロボット製作などの課題学習が中心となる予定。



プログラミング教育の目的は「プログラミング言語を覚えること」ではありません。プログラミングを学ぶ目的はプログラマーになることではなく、プログラミングを通して自分で問題を発見し、調べ、考え、表現する力を養うこと。作業の過程で試行錯誤を繰り返すことで論理的思考と応用力が身につきます。

「プログラミング」って何?
装置やパソコンに動いてもらうための命令をプログラムと言います。その命令を作っていく作業がプログラミングです。多くの方にとって、プログラミングという作業は「自分には遠い存在」というイメージではないでしょうか。しかし決してそんなことはありません。普段の生活で当たり前のように使っている機器のほとんどが、プログラミングによって動いているのです。


10年~20年後には、今ある仕事の半数以上がAIやロボットに奪われてしまうと言われています。AIやロボット技術の急速な発展により、今まで人間が行っていた仕事をロボットが代わりに行うようになる「第4次産業革命」は、すでに始まっているのです。

いまの子供たちに必要な力
AI・ロボットは情報を処理することは得意ですが、プログラムやデータがないと適切な判断はできません。一方人間は、指示や前例がなくても新しい何かを生み出すことができます。どれほどAIが発展しても、人間にしかできない仕事は必ず残されているのです。
人間にしかできないこと = 考える力、創造する力



プログラミングは難しいものではなく、とても楽しいもの。「何もないところから自分の手で作り出すこと」の楽しさを実感することで、将来の選択肢が広がります。プログラミングは論理的に書かないと動いてくれません。そのため、トライ&エラーを繰り返しながら取り組むことで、論理的に考える力が身につきます。


 

対象年齢

小学校低学年から対象としています。

稽古時間割

月会費



Accounts

Free Trial

Projects

SSL

Storage

プログラミング教室 週1コース

9,000円/

(税込 9,900円/月)


入会金:4,000円

年会費:無し

月4回

家族割引

PAGE TOP

Copyrighted Image