ひとりごと

苦しい時こそ攻めよう!

全日本空手道連盟の公式HPに【漫画 荒賀龍太郎物語】が公開されました!
漫画が大好きな渡邉は速攻で読みました!
↓コチラ↓
スピードドラゴン 荒賀龍太郎物語

荒賀龍太郎選手は東京2020オリンピック空手男子組手75キロ超級の内定選手です。
試合会場で道場生とも快く写真を撮っていただきました(^▽^)

お父様の荒賀正孝先生は明武会大会で大会審判長としていつもお世話になっておりますし、渡邉個人としても日本スポーツ協会公認スポーツ指導者研修で、剛柔流の形を指導していただきました。
漫画を読んでグッとくるものがありました。

「荒賀龍太郎物語」の作中にある言葉
「苦しい時こそ攻めよう!」

私のおすすめ「この音とまれ!」の滝浪先生の言葉
「練習して足掻いて練習して。それでも行けないのが全国。」

「スラムダンク」の安西先生の有名な言葉
「あきらめたらそこで試合終了だよ」

今年の明武会大会が中止…
小学生の全国予選となる大阪府小学生空手道選手権大会も中止となりました。
6月に延期となった兵庫県大会もどうなるのか今のところ分かりません…

今は全国大会云々以前に挑戦する場さえも無くなる非常事態ですが、諦めずに頑張っている道場生のためにもできる限りのことをしていきたいと思います。
苦しい時こそ攻めよう!

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ